GUM06_CL04127 - コピー

GUM06_CL04127 - コピー
女性の場合は男性と比較すると手の指の関節痛が生じる可能性が非常に高く、疾患にもよりますが10倍ほど罹患率が高くなることもあるのですが、何故こうしたことが問題が生じやすいのでしょうか。

個々の疾患を見たときにそれぞれで原因は変わるのですが、更年期障害に絡んで手の指の関節痛が生じるケースが多く、女性ホルモンの不足が引き金となり痛みや腫れが生じることが多くあります。

更年期障害は40代中頃から50代中頃までの10年間の間に発生するリスクが高い物で、全く持って症状が出ないというケースもあれば期間中の10年間にわたり症状に苦しめられるということもありますので、このあたりはそれぞれの体質により全く異なります。

エストロゲンの分泌が体に与える影響

通常、体内では女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されており、よく知られているところでは女性らしい体つきにする働きや、卵巣の排卵制御、脂質代謝制御、インスリン作用、皮膚薄化などが挙げられて健康面だけでなく美容面からも分泌の促進がすすめられています。

またエストロゲンはそれ以外にも身体の各部位に大きな影響をもたらすのですが、関節に対しては軟骨を広がりやすくするなど柔軟性を高める効果があるのですが、更年期を迎えてエストロゲンの分泌量が低下すると関節の柔軟性が失われることで痛みが生じることになるのです。

また更年期障害は身体だけでなく精神面でも情緒不安定・不安感・イライラ・抑うつ気分などが生じやすくなることから、手の指の関節痛を含む他の症状とも相まって心身ともに多大な負担を受けやすくなるのです。

しかし近年では更年期障害に対しては治療法が確立されており、エストロゲンを飲み薬や貼り薬などで体内に取り込み不足分を補うホルモン治療が一般的に行われています。

またエストロゲンと同様の効果があるプラセンタ療法や漢方薬を用いたり、ホルモン様の効果が期待できる大豆の成分であるイソフラボンを摂取する方法など様々あります。

おすすめサプリは?

※最終更新日 2017/11/18

ソイソフラ
ソイソフラ
安全性にこだわった高吸収型イソフラボンサプリ

レディスクリニックの院長監修。40歳以上のゆらぎ期でほてりやイライラ、関節の痛みなどに悩む女性から人気。

高麗美人
高麗美人
モンドセレクション4年連続金賞

30日間返品保証。リピート率約88%。大豆の約7.7倍のサポニンなどを配合。


 
 

スポンサードリンク