コピー (2) ~ GUM06_PH01026

パソコンのマウス操作や、キーボードを長時間打つ作業をしたり、仕事や趣味で指を酷使していると、手の人差し指の付け根が痛くなることがあるようです。

ひどい場合は腱鞘炎と診断される場合もあります。

長時間同じ作業をして指を酷使すると、手や腕の筋肉疲労が起こり血流障害になります。また、ストレスなどによっても血流障害を引き起こす場合もあると言われています。

血流障害により、筋肉や腱に疲労物質が溜まって蓄積されて痛みが表れ腱鞘炎になってしまうのです。

腱鞘炎には、ばね指やドケルバン病、手根管症候群などの種類があると言われています。人差し指の付け根が痛いという場合には、ばね指と診断されることもあるようです。

ばね指とは、指を伸ばそうとすると音が出たり、指がはじかれたような動きになるという症状があります。

指の酷使が原因である場合がほとんどのようです。

手の人差し指の痛みは、毎日パソコン作業をする人、家事や仕事で手や指先をよく使う人、ピアノの練習などで長時間指を使う人などに起こると言われ、年代を問わず痛みをうったえる人が増えているようです。


また、妊娠や更年期などによるホルモンバランスの乱れにより腱鞘炎が起こりやすいとも言われ、男性と比べて女性の方が腱鞘炎になることが多いようです。

痛みが起こったら、まずは作業をやめて安静にすることがとても大切です。また、テーピングなどをすることも痛みを和らげることができるようです。

どうしても作業を続ける必要があるという方は、痛みのある部分にテーピングをしてみると良いでしょう。

スポンサードリンク