no

kensa_08

高血圧はその名の通り血圧が高い状態です血圧が高い状態が続くと、血管にかかる負担も大きくなりますし、血流にも問題が生じます。圧が高いと血が勢いよく流れていくイメージですが、実際はその逆です。高血圧の人は血がドロドロの状態になりやすいので、流れや巡りが悪い状態です。

ドロドロになった血は血栓ができやすく、血管の壁に老廃物が付着してしまうため血が流れていても末端に行き届きません。限られた隙間を血が流れていくので、一気に血流が勢いを増し血管に負担をかけます。

なんとなく分かっていても実はとても危険な状態なので、早めの対処が必要です。

高血圧が原因で起こる症状もいくつかありますが、血流障害を起こしているため手の指に痛みが出る事があります。手の指に痛みがあっても、それが高血圧から来ているとは想像しにくいのでほかに原因があると思い込んでしまう傾向があります。

高血圧で手の指が痛い場合は?

高血圧自体放置しておけば、命を脅かす事もあるとても危険な状態ですから、まずは高血圧の治療が先決です。高血圧になる原因も実にざまざまですし、人により違いもあります。

生活習慣や食事、タバコやストレスなど必ず原因がありますので、原因を一つずつ排除していく事も大切です。高血圧の治療は降圧剤で、血圧をコントロールすれば症状も改善されますが、女性はある程度の年齢になると更年期障害で高血圧になりやすい傾向があります。

低血圧なので自分は大丈夫と油断してしまう人も多いのですが、更年期は高血圧になりやすいので注意が必要です。

この場合の対処法として最善なのは病院での治療ですが、手の指が痛いのは血液が行き届いていないサインと考えられます。

手を握り開く、これを繰り返すだけで、末端にも血が行き届きますので、血流障害を改善できると言われています。痛みがあるからと動かさないようにしていると、どんどん血行が悪くなるので、可能な範囲で動かしましょう。

スポンサードリンク