GUM06_CL23019 - コピー
母指CM関節症と呼ばれる疾患があります。
この母指CM関節症の主な症状としては、タオルを絞るような動作をする時など、
母指である親指に力が必要となる動作をすると、
母指の付け根付近に痛みを感じてしまうことです。

また、症状が進行していくことによって、親指が開き難くなってしまったり、
母指CM関節そのものが亜脱臼してしまうことで、
変形してしまうなどの症状が出ることがあります。

他にも、母指の関節がぐらぐらとしていて、不安定な感じがしている、
母指CM関節の辺りに腫れが出てしまっている、などの症状があります。

母指CM関節とは、どの辺りになるのかと言いますと、
母指の最も手首に近い関節がCM関節です。
手根中手関節とも呼ばれており、指の曲げ伸ばしや、
閉じたり開いたりと言った動きに関係しています。

このCM関節にある靱帯は、ある程度の遊びが設けられており、
物を掴むような動作をしたり、細かな指先の動きに
必要となってくる対立運動ができるようになっています。

母指CM関節症とは、母指の付け根にあたる関節で
起こってしまう変形性の関節症のことです。母指CM関節症とは、
関節の表面を覆っている軟骨がすりへっていくことで発症すると言われています。
軟骨がすりへっていくことの原因としては、
加齢や使いすぎと言ったことが代表的です。

母指CM関節を発症する人は40代~50代を中心としていることから、
老化現象の1つであるとも捉えることが出来ます。
男女の比率で言いますと、比較的女性に多く発症するそうです。
治療方法としては、基本的に関節が変形してしまった場合
元に戻すことが出来ません。

そこで、関節の変形を進ませないようにすることが、
母指CM関節症の治療の主な目的となります。
主な治療方法としては、母指CM関節に起こっている痛みや腫れを
抑制するために消炎鎮痛剤や湿布などが処方されます。

また、母指CM関節を固定する為の装具をつけたり、包帯などを使って
母指CM関節が動かないように固定します。
重症化しているケースですと、手術を必要とすることもあります。