no

突き指をしてしまった。
そんな経験は誰にも一度はあることでしょう。
突き指と言えば、そこまで大したことのない症状だと考える人も
多くいらっしゃいますが、実は突き指でも靱帯が断裂してまったり、
剥離骨折などを起こしてしまう場合もあるのです。

軽い捻挫を起こしてしまっているだけと言うのが
最も大きな症状なのですが、
突き指をしてしまった時の衝撃の大きさなどによって
症状が重くなるケースがあることも覚えておくと良いでしょう。

突き指を起こしてしまった時に症状を悪化させない為の
応急処置がありますので、紹介しておきます。

先ず、突き指をしてしまった時に真っ先に行うべきは
患部を安静にすることと、冷やすことです。
RICEとは、4つの応急処置の頭文字をとったもので、
患部を動かさないようにして安静にすること、
炎症や腫れを防ぐ為に患部を冷やすこと、
内出血を抑える目的でテーピングなどを使って固定すること、
患部を心臓よりも高い位置にあげて血液を心臓に戻すこと、になります。

この中で、注意しておきたいのは、テーピングを使った応急処置になります。
テーピングを使って患部を圧迫し、固定するのは良いのですが、
突き指をしてしまった時に患部が腫れてしまいます。
患部が腫れているにも関わらず、きつく固定してしまうことによって
溜まってしまった血液の行き場がなくなってしまって
症状が悪化することがあるのです。

そこで、テーピングを行う時には患部の症状にあわせて
適度に圧迫、固定していくことが必要になります。

RICEでの手当は突き指をした時や捻挫をしてしまった時には、
有効な方法だと言えます。しかし、あくまでも応急処置は
応急処置に過ぎませんので、念のために整形外科などで診察して貰うようにして下さい。

上でも書きましたが、突き指と言っても症状は様々ですので、
骨折を起こしていたり、靱帯が断裂している場合では応急処置では痛みも引きません。
しっかりとした治療が必要になりますので、突き指をした時は
痛みの大小に関わらず応急処置を施して、医療機関へと足を運んで下さい。