no

手の指に生じる関節痛は、普段の生活で突き指をしたり
過度に使うことによる関節炎など様々な理由で生じるものですが、
病気により症状がでるケースでは悪化した場合により
重篤な症状になることもあります。

手には臓器は無いものの細かな動きに対応するため
緻密な構造になっており、組織をいためたり細菌に感染するなどした場合には
症状もより悪くなるのですが、具体的にはどのような病気に
罹患する可能性があるのでしょう。

手の指に関節痛が生じる原因として多く見られるのは、
関節リウマチ、変形性関節症、手根管症候群、手指変形性関節症、
更年期障害、脊髄神経圧迫などが挙げられ
いずれか罹患している可能性が考えられます。

またそれ以外にもヘバーデン結節、ブシャール結節などのように
第一関節や第二関節など特定の部位に生じる疾患もあります。

この中ではリウマチなどはよく知られており
全身の関節・骨・筋肉などに痛みが生じたり強ばったりするなどの
症状があるのですが、手の指というピンポイントでも症状が出る場合もあります。

その一方で更年期障害を原因とする症状というのは
あまり知られていないのですが、これは婦人の更年期において
ホルモン分泌が乱れることを原因とする症状となります。

更年期障害といえば45~55歳の頃合に女性に生じやすい疾患で、
これは閉経を迎えるに伴い卵巣の機能が低下することで
卵巣より分泌されている女性ホルモンが減少することになり、
このホルモン減少は自律神経に非常に大きな影響を及ぼして
自律神経失調症を発症することになります。

一般的なところでは顔ののぼせやほてり・発汗・精神的不安定などが
症状として挙げられるのですが、それだけではなく女性ホルモンの減少は
関節を支える筋肉や軟骨などをすり減らすことにも繋がりますので、
こうした原因により手の指という頻繁に運動する場所に痛みが生じることになるのです。

この更年期障害が生じる頃とリンクする形で関節痛を
感じるようになった場合は、この病気が原因である可能性が高いといえます。