指の神経や筋肉の腱は、手首の内側にある骨と靭帯に
囲まれている手根管というトンネルのような管の中を通っています。
この手根管のトンネルの中にある神経が、圧迫や刺激を慢性的に受けることで、
痛みやしびれの症状が起きる運動障害が手根管症候群です。

手根管症候群は、常に手を使って酷使したり、妊娠や冷え性などによるむくみ、
腫瘤や歪みによる圧迫などが原因となっています。
特に、更年期を迎えるぐらいの女性に多いと言われているので、
女性ホルモンが関わっているという説もありますが、
いずれにしても原因がいろいろあるため特定しにくい病気と言えます。

GUM06_CL12044 - コピー
手根管症候群の症状は、初期段階、中期段階によって変わっていきます。
まず初期段階ですが、この時期は人差指や
中指から痛みが発症することが多いと言われています。

一般的には、朝起きた時にものすごく痛いと言われていますが、
体の状態によっては寝ている時にも激痛やしびれが起こることがあります。

とにかく、朝起きた時にひどい痛みがあったり、
夜中に目が覚めるようなしびれなどが起こるのが、
手根管症候群の初期段階ということを覚えておきましょう。

痛みの症状としては、足がつるのと同じような感覚が
一番イメージに近いと言えます。

ただし、こういった症状だと、まだ手根管症候群だとは
気がつかない方も多く、そのため症状が進行する中期段階になっていきます。
中期段階になると、親指の付け根部分にある母指球筋という筋肉が
やせ細ってしまいます。

筋肉が痩せてしまうと、指を動かすことに支障が出るため、
細かい作業が出来なくなっていきます。

さらに、手を握ったり開いたりという動作も
出来なくなることもあるので、注意が必要です。
ここまで症状が進行してしまうと、健康な部分の腱を
移植する手術をしなくてはいけません。

移植手術まではいかないとしても、手根管を開放して
圧迫しているものを取り除く手術が必要になることもあります。
つまり、治療に時間がかかってしまうので、手根管症候群の症状が出たら
すぐに整形外科などで診察を受けましょう。