1106dai1GUM06_PH01026

手の指先にある関節が腫れてしまったり、曲げたりしたときに
痛みがあるという方は案外多いものです。

手の指の第一関節は、普通ならあまり動かすことはないのですが、
何かを握ったり指先を使う仕事をしている方だと、動かす機会も多いでしょう。
動かすことが多ければ、その分関節に負担がかかってしまうので、
疲労がたまったりすると腫れたり痛みが出ることがあります。

一時的であれば問題ないのですが、腫れや痛みがずっと続く、という場合には
原因をきちんと把握して対処しなくてはいけません。
関節というのは、骨と骨をつなぐ重要な部分になりますから、
ここに支障があると指を動かす事自体が難しくなることもあるのです。
特に仕事で指先を使う、という方は、痛みによって仕事が
できなくなる可能性もあるので、早めに対策を行いましょう。

ただ、手の指の第一関節が痛くなった場合、
ヘバーデン結節という変形関節症になっていることが考えられますが、
原因は医学的に解明されていないというのが実情です。

よく指を使う人に見られる症状だということしか分かっていないので、
漠然としていますが、指を使うことが一番に考えられる原因となります。

ですので、まずは指をマッサージして関節の疲れをとったり、
必要のないときには手を休ませるようにしてみましょう。
手をあたためて血行を促進したり、ツボ押しをするというのも効果的です。

痛みだけを感じる場合は・・・

もし特に異常がなく、痛みだけがあるというのであれば、
炎症を抑える塗り薬や内服薬などを使うことで改善することができます。
若干変形しているようだったら、テーピングをして固定をすると、
痛みを緩和することもできます。

ですが何をしても腫れや痛みが改善できない場合は、
関節内に水が溜まっていたり、変形がひどくなっている可能性があります。

こういった場合は、関節の水を抜くことや、手術で関節を固定するなどの
処置が必要になってきます。

いずれにしても、マッサージをしても休ませても痛みがあるようなら、
症状が悪化する可能性が高いので、医療機関で診察を受けるようにしましょう。