no

コピー (5) ~ GUM06_PH01026

右手や左手あるいは両手の小指の付け根が痛くなった場合、どのような原因があるのでしょうか?

指を曲げてみても伸ばしてみても痛みが治まらないのは、本当につらいものです。すぐに原因をつきとめて治療したいですよね。

小指の痛みの原因で考えられるのは、ばね指などの腱鞘炎、関節炎、関節リウマチなどのようです。特に最近では腱鞘炎で指や指の付け根が痛くなるというケースが増えているようですから、注意が必要です。

ばね指などの腱鞘炎は、手や指を使いすぎてしまうことで腱鞘が炎症を起こしてしまうことで発症します。よって、日ごろから細かい手作業や家事、育児などで手や指をよく使うという方がなりやすいようです。

また、ゴルフやテニス、ピアノやギターなどでも腱鞘炎になると言われていますから、スポーツ前の手のストレッチや適度な休憩などで、できるだけ手を休ませることがとても大切です。

女性のほうが腱鞘炎にかかりやすい?

男性よりも女性のほうがばね指などの腱鞘炎にかかりやすいと言われていますが、女性の場合には妊娠中や更年期などで女性ホルモンの分泌量が変化することが原因となることが多いようです。

また、出産後、子供を抱っこしながら授乳をしたりして手や腕に負担がかかりやすいことも、手や指が痛くなってしまう原因となります。いつも同じ手で子供を抱きかかえるのではなく、左右交互にしたり、スイング式のベビーチェアなどを利用してできるだけ手を使いすぎない工夫をすることで腱鞘炎になりにくくなります。