ある時からスマホを持つ手が震えるようになりました。特に左手で持つ場合に震えます。原因は精神的なものかもしれません。

3年ほど前でしょうか、夫が前立腺肥大の手術で全身麻酔を受けたあとぐらいからです。その時夫は68歳。手術は無事に成功したのですがその後から言動がきつくなりました。何をしても上から目線であーしろこーしろと妻ではなく家政婦扱いです。きつく言われたままでは私も納得がいかないので言い返すと烈火のごとく言い返して人格否定までしてきます。一通り、きつく私に行ったあと、あのときは言いすぎてスミマセンと謝ってきます。なら言わなくていいのに…その頃から夫に話しかけるのも嫌になりました。一緒には出かけますが、ますます夫の言動は横柄になり、店員にも偉そうにします。一緒にいて恥ずかしい思いです。あんまりそんな言い方をしていると周りの人は困るよと言っても聞く耳を持ちません。逆に地の言葉だから仕方ないと開き直っています。

家にいても休まる気持ちも減ってきました。息子に相談して忠告してもらっても治りません。もしかしたら認知症なのでは?と思い、市の相談センターへ行って診断したのですが異常はありませんでした。

夫の誕生月は7月です。5月ぐらいから言動が荒くなってきます。偉そうになってきた夫をみると夏がくるのか…なんて思いますけど(笑)

年令を重ねると”我慢する”ということができなくなるそうです。そういえば信号無視するのは高齢者が多いとテレビでも言っていました。前頭葉の働きが落ちるとか。そのへんの脳科学的なことはわかりませんが、テレビで最近良く見かけるパワハラなどで問題になっている高齢者の人は偉そうな人が多いです。テレビで見かけると夫とそっくりだと思います。

おそらく誕生日を迎えることで死への焦りもあるかもしれません。気持ちはわかりますが八つ当たりだけは避けてほしいものです。悪いことがあるとすぐ他人のせいにしますし。言うことと行動が全く違うのは昔からでしたが今は余計にひどくなっています。

親戚の集まりでも偉そうに言うので変人扱いかホラ吹き扱いです。人には厳しく自分には甘いという悲しい現実です。

夜テレビを見ているとこれからも夫に偉そうに言われるのかと思う時間が増えてきました。ケースワーカーに相談して今度一緒にMRIを撮ってもらうかもしれません。なるべく早くのほうが良いですがプライドの高い夫が素直に受診してくれるのか不安でもあります。

そういった悩みの積み重ねである時から手が震えるときがあります。かかりつけ医に聞くとストレスの影響かもしれないとのこと。医者は夫婦仲良くといいますが所詮他人事かもしれません…

気分転換に運動をしようとも思いますが体が昔のように動かないのがもどかしいです。歩幅も狭くなりましたし、すぐに疲れやすいです。腰も曲がってきました。昔描いていたかわいいおばあちゃんになりたい…とはかけ離れています。

夫婦喧嘩の影響もあるのでしょうか、息子もあまり話したがらなくなってきました。男同士なので微妙な距離感みたいです。夫は息子の言うことをすぐに否定するので話かけなくなったと思います。なんでもダメっていうので元も子もありません。

平均寿命は年々伸びています。老老介護は当たり前の世間ですがすべてがうまくいくわけではありません。老後がこんなに切ないものだとは思いませんでした。

上沼恵美子さんが夫源病で別居中のニュースを観たとき、大いに理解できました。夫はなんでもハイハイと聞いてくれると思っていますが心の中では違うということを気づいてほしいですけど無理ですよね…

破滅へ一直線なのか?それともなにか楽しいことがあるのだろうか?と不安になりながらこの記事を書いています。